FC2ブログ

2018-09

Latest Entries

雑記



   
 考えてみればクラシック音楽もマイナー・ジャンルのものと言えようけど、世に、漢詩を面白がる人というのも少なかろうと思っている。或る新聞小説には最近になって江馬細香の名が登場したので、ちょっとばかり驚きを感じる。でも、その作品があれこれ引き続き登場する・物語を支配するなどという展開には、やはりならぬのだろうな。まあ、いいけど。   
   
   
 ・・・・・・・・・   
   
   
 人の脳は一度にふたつ以上のことを処理可能であるのか否か・・・(呼吸、心臓・内臓の活動コントロールについてはおいておくとして)脳はマルチタスク、デュアルコア的活動が可能だと考える人は多かろう。ジョギングしながら何かの考え事をするというのはたやすいことだ・・・「運動と思考」との同時並行は可能と思われる。また、ファストフード店でテイクアウトしたコーヒーを飲みながら、歩く・階段をのぼることが出来るし、その際に電話着信すればすぐさま対応も可能・・・「運動と運動」の同時並行も可能なわけである。   
   
 しかし・・・。   
   
 クルマを運転しながら「さっき、あの人が言った言葉、どういう意図だったんだろう?」とか「もうちょっと先のコンビニで○○を買って帰ろう」などと考えつつ、また同時に「前方を走っている自転車がヨロヨロ揺れているなあ、事故になったりするといけないから(自分のクルマを)もっとセンターラインに寄らせたうえで追い抜こう」などと考える。すべての思考は同時進行であるかのように思われるが、でも、このケースでは実はテーマA、テーマB、テーマCそれぞれの思考の進捗を細かく刻んで、思考対象を頻繁に入れ替えながら(=他の思考対象に小休止を与えながら)考えを進めているのではあるまいか・・・そんな気がするのだ。ハンドルやアクセルの操作と思考との同時並行は可能であるとはいえ、しかし、そもそも「複数の思考」の完全同時並行はむずかしいものではなかろうか。   
   
 しかし、ハンドルやアクセルの操作と思考との同時並行も、場合によっては難しいというか、無意識に思考の休止・中断に至る場合があろう・・・たとえば、ついさきほどまで考え事をしつつ運転していても、左折・右折のときにはその考え事を中断させてしまうことが珍しくないと思う。いまはオートマチック車が普通だが、かつてのマニュアル車であったなら、左折・右折が済んだのちにシフトアップなど終えるまで、思考を休止させている時間がさらに長かったかと、そう振り返る。   
   
 「俺は/わたしは、一度に、二つ以上のことを考えることが出来るよ!」と主張する人もいるかも知れない。   
 では、下の3問を、同時平行で考えられるだろうか・・・ちなみに、筆者は出来ない。   
   
   問1. 「懇談会」の「懇」の字の画数はいくつですか?   
   
   問2. 「3277」という数字は素数ですか?   
   
   問3. これまでに知り合った人の苗字で、漢字に「木へん」を含んでいる人を列挙して下さい(杉田、柏原など)。   
   
   
 ま、いいんだけどね・・・。   
 (なお、3277という数字を「素数でないかもね、確かめてみよう」ということで色々な数字で割る試みをしても、すぐに答えが見つかるものではない。29×113=3277である。なお、29と113は素数。)   
   
   
   
   
 中年期を過ぎると、肉体の健康ばかりでなく、脳の健康にも注意を払いたくなる。冒頭の写真は新刊本。   
   
 一緒に写し入れたのは、筆者自身が使うわけではないが或るスマホ(筆者自身は別ブランドの、これまた安物を使っているが・笑)・・・ヘビーユーザーにとっては不満点があるのかも知れないが、使用開始にあたっての設定/準備(一部アプリの停止・アンインストール、新たなインストール等を含む)、そして「試し利用」をしてみた段階では、「うむ、悪くないよなあ全然」と感じられるものであった・・・「中学生・高校生だって、これの5倍以上の値段するものを使ってるぜ」という意見もあろうけど、ま、逆に筆者は「そのようなものを子供らに与えることのメリットを知りたい」と思う・・・自分には、多様な子育て支援の有り様と、「子育てに関連する支出が大きくて、スマホだってそう!」という意見とをどう摺り合わせるべきなのか分からないことだらけだったりする。   
 (なお、「この製品、おすすめですよ」という意味で書いているのではない、製品評価はネット上にいろいろあるのでそちらを参照いただきたい。)製品にディスプレイ保護フィルム(透明フィルム)が同梱されていたが、これ、貼付作業のときに入ってしまった気泡をうまく除去できず・・・で、「んじゃ、どこかで適当なものを買ってそれをハサミでカットして貼ってやるわい」ということで100円ショップ立ち寄りの余計な用事が生じてしまった(笑)。   
   
   
   
 以前、ネット上の記事で目にしたのだけど・・・何かのテレビ番組の中で「コンビニなどで電子マネーを使わずに現金支払いする人なんて!」的な意見を述べた人がいたそうだ・・・そういうことをされると後に並んでいる人が迷惑するということなのだろうなあ。   
   
 でもねえ、ドラッグストアその他で電子マネーを使えない店や、また、自分が利用している電子マネーは扱い対象になっていない店というものもある。そこで買い物をしてお釣りを貰うと小銭で財布が膨らむ・重たくなる。この小銭を早めに上手に使おうとすると、その後に寄る店が電子マネーを使えるところであっても現金支払いしたくなる。仕方ないじゃないか。   
 出来る限りパパパッと素早く、うまく小銭の枚数を減らす・増やさないような合理的な支払い・やりとりを考えるのであるが(下方の写真を参照)、こういうのも多少は脳の健康維持にはなっている?・・・。   
   
 ああ、でも、レジで後ろに並んでいて「イラッ」としたケースとしては、こんな経験がある・・・。   
 某デパ地下のレジで、筆者の前にいた女性客(70代前半くらいか)が支払いを終えて釣りを貰うときにポイントカードを提示して「ね、このポイントカード、使えるのよね(=今の買い物でのポイントを付けてもらえるのよね)」と言ったのである。レジ係は「お会計の最初に出していただかないと」と答えたのであるが、やはり上得意の客、買い物金額の大きい客に冷たく当たるのは得策でないと思い直したのだろう、「では、お会計をもう一度最初からやり直させていただきますね」と優しい対応をみせたのであった。結果、当方の待ち時間も延びてしまったのである・・・心の中で「あーあ、ざけんじゃねえよ」と叫んだこと言うまでもないが、もちろんキレたりはしなかった。   
   


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://szelldocs.blog9.fc2.com/tb.php/1134-10c47116

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。