FC2ブログ

2018-09

Latest Entries

雑記、もしくは、トーシローのやること・・・



   
 ヴァイオリンの「駒」を、以前、自分で加工することがあったのだが、再び挑戦。前回のものとは少しだけ変えてみたいところがあるため。   
   
 演奏がヘタくそなので、これまでどおり駒の上縁の丸みは大きく持たせておきたく(G線・E線のための溝も低めに落としこむ感じを伴う)、だがこれは、演奏中に弓や弦を目で確認しようとするとき老眼の中年オヤジにとって都合よくて優しいことにもなる(笑)。   
   
 本式にはどういう工具で、或いは手順で加工するものなのか知らない。半加工品の駒を手に入れたら、自分の場合はまず、駒を削りたい位置にペンでドット・ラインを描き、その後にカッターなどで削る(同時に上縁の厚みなども加工)。この削り作業では紙ヤスリも用いる・・・紙ヤスリはカマボコ板に巻きつけて使用すると力を込めやすくて能率的である。   
 その後、それぞれの弦のための溝を、上の写真のものより小ぶりの(文房具として普通なタイプの)カッターを用いて作り、この溝に紙ヤスリをすべらせたり(ヤスリは、その表面を外側にして折り曲げて/畳んで)、また、写真には写っていないが、歯の手入れをするときに使う「糸ようじ」のナイロン糸をすべらせたりして、出来るだけ溝が滑らかになるように(弦の表面にキズがつきにくいように)している。   
   

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://szelldocs.blog9.fc2.com/tb.php/1106-7f4b1fc3

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。