2017-08

Latest Entries

雑記



   
 以前、本や書類を片づけていたら、懐かしい本屋さんの買い物袋(レジ袋)が出てきた。年の暮れの「第九」シーズンになったら一緒にこの本屋さんのことも書こうかなと思い、袋はそのままとっておくことにした。でも、もう年末は過ぎてしまったし、次の年の瀬まではまだだいぶある。   
   
   
 先日のこと、アメリカの画家アンドリュー・ワイエス氏が亡くなった。ワイエスと言えば、筆者はどうしてもベートーヴェンの「第九」を連想してしまう。(← 「え?」と疑問を抱くあなたは、いたって普通です。)   
   
   
 冒頭に触れたこの本屋さんは東京のJR三鷹(みたか)駅南口前に古くから店を構えていた。ひょっとすると現在もあるのかも知れないが、でも、もう無いのかな。ちょっと分からない。   
 本屋さんのほか名曲喫茶っぽいものも営んでいて、そちらは「第九茶房」という名だった・・・平成元年頃にはまだあった筈だ。やがて駅の南口は再開発が進み、気づいてみたらこのお店の姿も見当たらなくなってしまい・・・。   
   
   
 で・・・ワイエスとベートーヴェンの「第九」との話がまだ済んでいなかった。   
   
 ワイエスといえばまずテンペラ画が思い浮かぶわけであるが、このテンペラという語は、英語の場合にはアクセントが第1音節にある。「てンパラ」という感じに聞こえる筈だ。   
 この「てンパラ」が、「第九」の第2楽章冒頭を思い起こさせる。  
 実際、指揮者の誰のリハーサル風景であったか忘れたが、この第2楽章冒頭を声で表現するのに「テン・パラン、テン・パラン」と口ずさんでいたのも聞いたことがある。   
   
   

コメント

コメントをありがとうございました

 街の(時系列的)変遷には詳しくありませんが、三鷹駅南口再開発は90年代にはスタートしていたかも知れませんね。   
   
 三鷹駅よりずっと南方になりますが東八道路という街道が東西に伸びていまして、沿道にはサトームセン、ホームセンター、ドンキなどあり、 Joshin も出店しています。この Joshin は一時期よく寄りましたが、買い物してもしなくても帰りには店の前の自販機で缶ジュースを買ってその場で飲みました・・・大抵いつも、同じように飲んでいるオジサンがほかにも一人二人いるという不思議がありますが、あの場所で飲む缶ジュースはなぜか美味いです(笑)   
   
 キウイ・ワインは、あれを三鷹名物にしようという動きがスタートして間もなく何本か貰ったことがあります。残念ながらわたくしは飲む機会を逸してしまったのですが。   
   

私は90年代前半に三鷹市民でしたが、さて、このような書店があったか記憶に無い・・・。
もっとも地元駅が三鷹ではなかったのであまり詳しいとは言えないのですが、南口にはKFCがあったことくらいしか覚えておりません。
そういえば三鷹ではキウイのワインを作っていてなかなかおいしかったですねぇ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://szelldocs.blog9.fc2.com/tb.php/104-8dab5bb4

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。