2017-06

Latest Entries

マルチリンガルを目指す人のための総合文法講座 レッスン8: 「現在官僚進行形・・・未来完了・・・将来天下り」



   
 練習問題: 次の日本文を、英語・ドイツ語・フランス語に訳しなさい。特に時制に留意して翻訳しなさい。   
   
 「娘のお前がやがて嫁ぐ頃にあっても私は依然として公僕たる官僚であり続けようが、けれどもしかし、お前が息子や娘を得て“母”という存在になる頃には、おそらく私は、自身の専門分野についての国内外の事情通として、そして広い知見を有する者として、民間企業において、もしくは財団法人その他の組織において、重要な役職に天下っていることであろう。その暁には一緒にバーベキューと川下りでも楽しみつつ、大空にむかって二人して“天下りより川下り!”と叫ぼうではないか」   
   
   
 いわゆる「天下り」について、その何もかもを批判しようという気は筆者には無い。あり方・パターン・弊害などに注視すべきということに尽きるのではないか。誰もが事務次官にまでなれるわけでなし、また、知識・才能・キャリア・手腕を活かせる再就職先を得る権利というものは、キャリア公務員であろうと誰であろうと有しているわけであり・・・弊害・問題を生まない形が大事であるが、しかし、実のところ簡単な話でもないか。   
   
   
 冒頭の写真、および、その連続の下の写真は特に意味がない・・・利用頻度の少ない文具をはじめとして、デスク引出し内に収めているものの様子(筆ペン、万年筆関係、シャープペン・消しゴム、ハサミ、綴じ具など)。   
   


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://szelldocs.blog9.fc2.com/tb.php/1005-a4eb8f14

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。