FC2ブログ

2018-07

Latest Entries

雑記



   
 東日本大震災のとき、筆者の勤務する会社としてはそれなりに上手な危機対応・挽回が出来たとは思えたものの、しかし、他社、特に一流企業が行なった対応と比較すれば大いに引けをとるものであった。   
   
 あのときの教訓を踏まえ、災害対応のマニュアル・指針が練り直された。そのプロセスに筆者は関与しなかったが、改訂されたマニュアル等に目を通したときには「うーん、大枠としては間違いもないし、的確と思えるものの、しかし・・・」との感想を抱いた。   
 「これらを実践するうえで、人手が決定的に・明らかに不足するであろう」との思いが生じた。部署にもよるが、ゆるい部署でも「余剰の人手が無い状態」にあり、また、本社部門・事務部門は「ギリギリ最少(最小)人員」のところがわりとある。つまり、非常時に、いつもの仕事量を超えたものをこなす余力に乏しく、人手を相互に融通・供出するのもままならないことであろう。   
   
 今回の豪雨災害では、自社サイドに被害は生じなかったものの、しかし、物流の途絶によるビジネスへの影響は小さくなさそうであり関連の担当者は頭を抱えている・・・とはいえ、みずから何かを為そうにも・・・外部環境次第という状況ゆえの「もどかしさ」の問題であろうなあ。   
   
  
   
   
 これは何かで読みもしたし、他人から聞かされたこともあるのだが、役所、それも中央官庁等でなく地方自治体の場合について、   
   
 「地方公務員は普段の残業がほとんど無いケースが多いが、それは人員を多めに確保しているからである。地元から他の地域へと、特に都会へと人・若者が流出してしまうのを防ぐため、また、過去の部落問題を考慮したときにも、公務員採用を多めにして雇用の場を用意することには大きな意味があり、そしてまた、災害発生時に住民の安全や生活再建などに手が回るように公務員/職員を余裕をもって確保しておくことは大切なのだ」   
   
との見方があるようだ。   
 これは正しそうでもあり、しかし、必ずしもそうでないかも知れない。だが、いずれにしても、災害が生じてしまった地の自治体職員の人たちはこれから多忙な日々を迎えることであろう。上の見方が正しいものだとするならば、今こそ自治体職員の本領・本分の発揮のしどころとも言えるのではないか。また、上の見方が誤ったものであるとしても、自治体職員への期待はやはり当然ながら大きい。厳しい暑さが続くに違いないが、過労や健康管理にも留意しつつ、寄せられる期待を裏切らない形で地域住民の暮らし・生活再建のために尽力していただきたいと思う。   
   
   
   
 東日本大震災のときは、その発生時期の偶然から、会社としては4月にスタートする事業年度に関して組まれた「事業計画や予算」に大きな見直しをかけて、拠点・倉庫その他の再建・修繕関連や、義えん金、取引先への見舞金などにカネを回すにあたり躊躇・制約をあまり感じずに済んだ。   
 それを教訓に、毎事業年度、「設備予算・経費予算が認められたからと言って、“ただちに支出してしまえ”みたいな感覚は持たないで欲しい。災害時などには予算の振り向け先を変える自由度も欲しくなる。急ぐ必要のない支出はタイミングを遅らせることもお願いしたい。それがひいては、万一の災害時にも業績低下を小さく収めることにつながる」と筆者は言って来た。   
   
 が、ここ2、3年、上のようなことは言わずにいた。「これはいかんな」と思い直し、今年4月以降のための予算が確定したときには上の趣旨のことを改めて伝達・要請したのだった。   
 今回の豪雨被害に関連して、具体的に義えん金・見舞金などの支出方針がどうなるかは未だ分からないが、社内各部門の予算消化のペースは6月までの時点で「無意味に先走ったものになっていない」ことは明確に見て取れる・・・幸いである。   
   
 実は、上のような発言は、諸々の協賛金・寄付などの支出がルースになりがち、大盤振る舞いになりがちなことに対する、筆者の個人的な、そして私情を交えての、小さな抵抗も含んでいるのだ。この私情は、しかし、「ふつうの私情」を超えた、「別格の私情」である・・・自分の位置づけとしては。   
 協賛金・寄付などとして、また、一部は広告掲載としての意味合いも兼ねている支出としては、たとえば次のようなものがある:   
   
   
 1. スポーツを応援するためのもの(特定競技のものもあれば、スポーツ一般の振興のためのものもある)   
   
 2. 自然科学・社会科学・人文科学・医療などの研究に役立ててもらうもの   
   
 3. 福祉、慈善事業などに役立ててもらうもの   
   
 4. 芸術の振興に役立ててもらうもの   
   
   
 これはたぶん珍しくないことだろうが、筆者の会社の場合、上の最後の4が、悲しいほど少ない。そして増加傾向にはない。   
 それに対して1から3は、多額というほど誇れるものではちっともないが、増加傾向が続いている。   
   
 クラシック音楽ファンとしては4の増加を期待したいが、そういう「支出の振り向け先を決めること」は筆者の職掌の範囲ではない。こちらとしては、会社の事業計画とのバランスから会社の全支出予定に目を光らせたいし、その支出内容の一部として、ざっくり言えば対価性・反対給付を伴わない(そして或る意味、企業にとってリターンの感じられにくい無駄金・捨て金と見てしまうことも出来ぬこともないような)、上の1から4のような利益・金銭の供与の支出合計には特に注意が向かってしまうのだが、そこでは飽くまで(個々の支出案件について特にケチをつけたり誘導したりしたいわけでなく)合計・トータルに対して意見する・賛否を述べることに尽きるかなと考えている(なお、細かいことを言えば、支出するうえでの勘定科目は複数にまたがる)。   
 協賛金などについてその素案を決定している者と筆者との間柄、これまでの人間関係からすれば、仮に筆者が「文化を応援するための支出がこうも少ないのは寂しいではないか。クラシック音楽関連への応援支出などは企業イメージの向上にもきっと役立つ」と意見すれば、彼の考え方も変わるのではないかと思ってはいる。しかし、そのように影響を与えることは一種の越権行為であろう。(そしてまた、クラシック音楽ファンでありながらも筆者は、「クラシック音楽は日本固有の文化でもなく、また日本発祥の文化でもなく、それを応援することは能や狂言を応援することほどには、もしかすると意義は小さいかも知れない」との疑問も持っているし、「東京に拠点を置くオーケストラが多過ぎるのではないか、少し淘汰されても構わぬかも知れない。それよりは日本各地のオーケストラまたは音楽演奏団体を支援するほうが意義深いかも知れない」などとも思っている。)   
 社長その他は「俺の出身地、出身校のために、(自分のポケットマネーからでなく)この会社の負担で寄付をしよう」などということはしていない・・・公私混同とか、私情を交えたことはしていない。これと同様、それ以外の者も、私情を交えることを慎まねばならないと思っている。   
   
 さあ、しかし、不満な気持ちは残る。そこで・・・せめて災害などのときは、上のような協賛金や寄付などをとりやめさせ、または減額させ、災害関連での義えん金・見舞金などに回す余裕を作るほうへと持っていきたく思うわけである・・・ここが、先ほど言った、「ふつうの私情」を超えた、「別格の私情」ということになる。   
   
 「いちど協賛金などを提供したからと言って、次年度も同様にするとの約束はするな。それぞれ、提供するタイミングを急ぐな。 “今年は見送りたい”と伝えることに躊躇するな(「昨年まで支出してあげたのに今年はヤメにするなんて申し訳ない」と考えるのは間違いである・・・去年までのことには感謝してもらわなければいけないのだし、そして今年とりやめることについて「かわいそうだ」と思うことはありうる・正しいとしても、しかしやはり、「申し訳ない、ごめんなさい」と感じることは間違っている)。先方の側では協賛金の額によるランク付けも行なわれていたりするが、上位へと誘われても慎重に考えて“諸般の事情もあり”とか“よそ様への応援もまたあるので”等を言い訳にして拒絶することも考えよ」・・・これもまた、改めて徹底する必要があろうか。   
   
   
 寄付その他に関して、或いは経費支出などに関して、世間ではよく「支出せずに利益を大きく生み出しても、どうせ税金でとられる・・・それくらいなら使っちゃったほうがいいじゃないか」と言う人がいる。使い道が有意義ならばよろしいが、しかし、ときに「勢い」とか「何となくの流れ」で支出してしまうことも見受ける。それはやはり無駄へとつながるのである・・・会社の資産(それはこれまでの蓄積もあれば、いま時点で日々生み出している利益も含むわけであるが)はまずもって「株主のもの」であるからして、いい加減な考え方で放出・消費させるべきものではない。そしてまた、税として課される・納付されるそのカネは、これはちゃんと有意義な形で使われていくものである。一部に税金の無駄使いがあったりはするが(国会の会期延長とかでもそう言いたい場合があるけど)、基本的には税とは有意義なものであることを、そして、この社会を支えているものであることを忘れてはならない(・・・って、いったい、この論文調の書き方は何なんだ・笑)。   
   

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。