FC2ブログ

2018-02

Latest Entries

フィルクシュニー/セルによるモーツァルト/ピアノ協奏曲の、「レコ芸」評



   
 (↑)写真のCDは、以前にも紹介したフィルクシュニー(フィルクスニー)/セル/ケルン放送響によるモーツァルト/ピアノ協奏曲第18番を含むもの。   
   
 長いこと「レコード芸術」誌を購入しなくなっているが、時折は書店で手に取ってパラパラと目を通すことはある・・・で、3月号の112-113ページには、上のモーツァルトのCDについての批評が掲載されている。(関心ある方のための情報として、ここに書きとめておくこととした。)   
  
   
   
 ・・・・・・・・・・   
   
   
 下の写真は先日のこと調理した海老(白海老)とスケソウダラ。   
 前者は「かき揚げ」とし、そして後者は味噌・醤油ベースでの煮付けに。   
   
 モザイクをかけた部分は、スケソウの頭部と白子・・・気味悪がる方もいらっしゃると懸念したので。   
   
   
 スケソウダラとか牡蠣(カキ)を味噌味で煮ることに関しては、「あとで鍋を洗うときに汚れがきれいに落ちにくい、頑張って汚れを落とそうとすると金属タワシなど使うことになり、それでマニキュアやネイルに傷がつく」という不満を持つ女性がいることをしばらく前に知った。   
 ゴム手袋・ビニール手袋を使わないとした場合で考えよう・・・と言うか、筆者自身が調理をするときのことを言えば、金属タワシを使わなくても、アルミホイルを10センチか20センチほど引き出してカットし、それをふわっと丸めてタワシのようにして洗剤を付けて「こすり洗い」すれば鍋は容易にきれいになると思うのだけど・・・金属タワシの場合に比べ、想定外の「爪との接触」は少ないと思われる。(なお、アルミホイルの、カット部分のギザギザをわざわざ内側に丸めこむことは損だと思う・・・せっかくだからそのギザギザ部分の摩擦も活用しなくては!)。   
   


«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。