2017-10

Latest Entries

雑記

   
 「衆議院が解散・総選挙となり、そのうえで民進党が躍進したり、或いは自民党が敗北に至ったりすれば、日本はまたしても東日本大震災のような(あれと同クラスの)大災害に襲われるのではないか」・・・これはまったくもって非科学的ではあるが、でも筆者はそういう不安をちょっとだけ感じていた。   
 今や民進党という集団・組織はああいう状況に至り、はて前議員らはどのようになっていくのか・・・べつに心配などせぬが・・・「議員として食っていきたいな、さてどこからどうやって公認・推薦など取りつけようか」といろいろと想を練って、各自の考えるところにしたがい立ち回っていくことであろう。   
    
   
 「日本には自民党がしっくりくる」という感覚、「自民党だから防衛についても、外交も、災害対応も、経済も、国民はそれなり以上に安心感を持っていられる」みたいな、それこそ固定観念的な感覚が自分には宿ってしまっている。   
   
 以前、民主党が政権奪取をしたとき、同党の(国会議員でなく)地方議員およびその秘書のようなことをしている関係者と居酒屋で話をする機会があったが、彼らはやたらと調子づき、威張っていた。「日本の風は、風向きが変わったのだ。日本はこれからどんどん良くなる」みたいなことを言っていた。こちらは「民主党はそのうち政権の座から転げ落ちるであろう。そうでなくてはならない」と思っていたから、別れ際に握手を求められてもそれに応じなかった。   
 後日、その議員本人でなく関係者と再び顔を合わせることがあって、「あなたは議員さんというものに敬意を抱くということが無いのですか? その理由は、選挙に落ちればタダの人みたく見ているからですか?」などと変てこりんな質問をされたが、雇い主の議員さんにペコペコしなくてはいけない秘書その他と一般人とでは感覚が違うのだし、また、選挙で当選しても、民主党の議員とか、アカっぽい思想を持っている者とか、労働組合でばかり頑張って来たような経歴の議員とか、そういう人たちとは少なくとも握手はしたくないのだし、考え方に共通する部分を見出すのもどうせ難しかろうと思っている。   
 なお、もちろん、有権者のうち投票に出向かなかった人の数・率を考えずに「力強い支持を得て当選しました」と言い切ったりしてふんぞり返る当選者/議員もあまり感心しない・・・また、「消去法で選ばれたようなもの」みたいな議員とか知事とか、そういう人だっているように思えるし。   
   
   
 ただ、たとえ自民党政権であっても、世の中の問題点・解決課題その他もろもろについて自民党関係者だけでは気づけない・すくい上げられないこともきっとある。他の政党は、そういうことを国会その他の場で示して政治をよくする契機を作り出して欲しいとは願う。しかし、政権の邪魔をする・政治の停滞を招くような真似はして欲しくないし、今後とも大躍進したり政権奪取したりなどすることなく「野党として」くすぶり続けていただきたく願うし、それが結局は日本のためにも好ましいことと思う。   
   
   
 衆議院解散を「モリカケ解散」などと揶揄する向きもあるが、でも、モリカケ問題はもう飽きてしまったという感じがする。あれをいつまでもゴチャゴチャやっていないで、様々な政治課題を討議していっていただきたい。   
   
   
 ・・・・・・・・・・・・・・・   
   
   
 前を歩く人の、Tシャツの背中の文字/文章を、当人に聞こえるほどの声量で読み上げるなどというのは、これは一種のマナー違反であろうと筆者は考える。   
   
 さて・・・、いや、ところで・・・。   
   
 夏の或る日のこと、入院中の知人を見舞った。   
 病院からの帰り道・・・筆者の少し前を、やはり先ほど病院から出て来た男性ふたりが歩いていた。彼らの会話:   
   
 「(入院中の)○○さん、大変そうだったねえ」   
   
 「××さんも同じ病気で亡くなってしまったんだよなあ」   
   
 「みんな順番にあの世に行っちゃうんだよなあ」   
   
 さて、彼らふたりの、さらに少し前方には子連れの女性が歩いていた。30歳前後かな・・・彼女は幼児をひとり連れ、またベビーカーを押していた。   
 さきほどのふたりの男性のうちの一人は会話を続けてこう言ったのである:   
   
 「(前を歩いている)あのお母さんだって、今はああして若いけど、いずれはやっぱり順番で 子供たちより先に死んでっちゃうんだろうなあ」   
   
 決して大きな声ではなかったのであるが、妙に「通りのよい声」であったから、このセリフはその若いお母さんの耳に届いたに違いない・・・ああ、あの女性は何を思っただろう。   
   

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。