2017-08

Latest Entries

雑記



   
 (↑)最近出版された新書のうち、興味深く思えて買ったもののひとつ。   
   
 ついでに一緒に写し入れたのはフリッチャイが残したレコーディングからで、手前のものには「ハンガリー万歳」ほかシュトラウス作品が収録されている。   
   
   
 ・・・・・・・・・・・・・・・   
   
   
  コネ採用  カラ出張に  ヤミ手当   
  そろそろ娘の  世話も焼かねば   
   
   
 ・・・特定の人物、特定の事例・事件について詠んだものではない。   
   
 筆者と同期入社の或る男性は大学卒業を控えていた頃、「東京の会社に勤めたりせずに出身地に戻って来い」と父親から説得され、また、某自治体の職員として採用してもらえるための段取りをとるからとも言われていた・・・それには、ま、多少のカネも要するわけであるが、しかし、彼は父親の言葉に従わず、筆者と同じ民間企業に勤めたのである。   
 公務員について、そういうコネ採用のルートがあちこちに存在していたらしいとは思っているが、今日、そういうことがどの程度まかり通っているかは承知しない。   
   
   
 筆者の知人(上とは別)がまだ独身時代、彼は両親や兄弟と一緒に暮らしていた。兄弟のひとりは某自治体の職員であったのだが、夕食時にこう言ったそうである:   
   
  「あー、連日の出張は疲れるなあ」   
   
 それ以前に出張予定のことを家族の誰も聞いていなかったし、ちゃんと毎晩いつもどおりの時刻に帰宅していたから、疑問に思ったお母さんは「え? そうだったの?」と訊いた。すると:   
   
  「いやー、その、出張ということにさせられていた・・・カラ出張っていうやつ・・・アハハ」  
   
   
 この自治体のカラ出張問題については確かマスコミでも報じられるに至った筈で、その自治体名をここに明かしても構うまいとまで思ったのであるが、しかし、もう20何年も前のことであるせいかネット検索してもヒットするものが無く確認がとれない。ま、どうでもよいか・・・。   
   
 公務員が「カラ出張」をする・させられる理由、あるいはヤミ手当が支給される理由としては、おそらく次の3通りくらいがあるのではないか:   
   
 1) 諸経費支出する予算が乏しくなっていて、あるいは、都合が悪く内緒にしておきたい支出をするために、カラ出張などで手当・交通費相当額などを出し、と同時にそれを没収/回収して支出に充てる。   
   
 2) 忘年会・歓送迎会・慰労会・レクリエーションなどの会費・飲食代などを各人に支出・負担させるのは酷なように思えるため、カラ出張などで手当その他を出し、そこから会費を納めさせる。(「職場の人間関係での支出なんだから自腹での負担などイヤだよ」との考えの者もいたりすることへの、苦し紛れの対処と言えようか。)   
   
 3) 生涯賃金などを見れば公務員が民間企業サラリーマンよりも冷遇されているなどとは思えないのであるが、在職中に手にする月給・賞与のみを見ると民間企業サラリーマンよりも収入が少ないようにも感じられてしまうケースがある。残業が殆ど無いというケースもあって、また副業が許されるケースもそうは多くなく、可愛そうということでカラ出張などの手段を以って彼らの収入増を図る。   
   
   
 上で、1のケースならばまだ理解が出来るケースがあるか・・・しかし、「理解」とは言え、「納得・賛成」というわけではなく、窮余の策とはいえ好ましくない仕方であることには変わりない。しかし、2や3の事例は、これは許されないことであろう。   
   
   
 企業の人事部が社員に住所を届け出させるにあたって、「アパート、マンションなどの場合にはその建物名称も書いて下さい」と求めることはごく普通のことだろう。   
 ところが昔、書こうとはしない社員がいた。住所に例えば206号室などと付いているのに、である。人事部が本人に問いただすと「建物名などは特に無い」との返事であった。   
 人事部ではそのままにしたのであったが、或る部員が思いたって市販の住宅地図でチェックしてみたのである・・・すると、ま、ふつうの民間企業サラリーマンを単身入居させることなど想定してはいない・認めていないであろう物件だったのである。その後ずっと経ってから本人はそこを出て引っ越し、そして今はもう故人となっているが・・・。これなど、筆者が疑いの目を向けてしまうような、親族間の便宜を図っての不正・インチキ事例だとすると、やはりけしからぬことであり・・・。   
   
   
   
 世の中、もうデタラメは無くなっていると信じたいのだけど、しかし、どうなのだろうか・・・。   
   
   
   
 (追記)   
   
 公務員でも、やたら激務の人、傍目にも「過労死になってもおかしくあるまいに」みたく映る人もいること勿論である。   
 他方、これは昨今のことでなく過去のことであるが、「一日分の仕事は午前中で片付いてしまう、楽というよりもむしろ暇で仕方ない」、「職場まで行っても、何もすることがない日が多い。それを不平として上司に言ったら、やがて受けることになる昇格試験のための勉強でもしておれと言われた」という人もいたりしたのである・・・が、羨ましいとは、やはり思えぬなあ。   
   
 このたびは奈良市についてこのような報道が:   
   
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170905-10000001-mbsnews-l27   
   
   
 ・・・ったく、と思う。   
   
   
   
 なお、今回ブログ記事に関連して、書籍・CD関連以外のコメントは控えていただけますようお願い申し上げます。   
   

「鴨なんばんを? うむ、さもありなむ」

   
 ネットでニュースをチェックするときは誰でも、「自分にとっては意味ナシと思える記事見出しには見入るまい」と考えて、僅かでも時間節約を考えるであろう。筆者も同様・・・。   
   
 ところが実際は、ついつい記事見出しの全てを読んでしまうこともあり、さらには記事本文まで読んでしまう、或いは、関係情報に接してみようなんてことにもなったりする。   
 筆者は芸能界関係ニュースなどを無意味と感じているのであるが、しかし、gooでもエキサイトでもその他でも、芸能関係ニュースの見出しが目に入ってしまうことがある。それで、過去にはこんなこともあった:   
   
 記事見出しに「 剛 力 彩 芽 」という文字が・・・。「この苗字、強そうな字づら・響きだなあ。しかし、女性のようだし、柔道選手っぽいタイプなのか、それとも単にゴツイだけの女性なのか、写真を見てみたいな」ということになり・・・そして結果は「ああ、この女性かあ。こういう苗字・名前だったのかあ。苗字と人物とが一種のミスマッチだなあ」と。   
   
 「 マ ツ コ ・ デ ラ ッ ク ス 」という文字が・・・。「マツコというくらいだから女性だろう。デラックスと名乗っているくらいだから、大柄で、華やぎもあってという感じなのかなあ。宝塚のトップスター出身とか、宝塚で男性役をしてきた人とかかなあ」と気になって写真検索したりとか。   
   
 「 指 原 」という文字が・・・。「これ、どう読むんだ? サシハラなのかユビハラなのか。ユビハラじゃあ、ちょっと変だよなあ、調べてみよう」とか。   
   
 ・・・という具合に、余計な時間消費をしてしまうこと、あるのだな。   
   
 最近では、将棋の 藤 井 四段が対局に際して摂った食事内容なんてものまでニュースの記事見出しに出て来るから、そういうのもつい目にしてしまう。先日のランチは「かもなんばそば」(鴨なんばん蕎麦)だったそうで・・・。   
   
 藤 井 四段に注目が集まるなか、将棋の人気が盛り上がっていくことを期待する声も・・・。   
 将棋連盟としては、ここで新聞社などにも協力を求め、1週間に1回程度でもよいから「今週、プロ棋士たちが対局中に食べたもの(一覧/リスト)」などを記事掲載してもらうと、さらにちょっとばかり将棋人気にプラス効果が及ぶのではないか。リストはたとえばこんな具合になろうか:   
   
 8月○日: ○○八段  ピザ取り寄せ 「クワトロ・乙女のマヨネーズ」Lサイズ 2枚  
   
 8月○日: ○○七段  ピザ取り寄せ 「クワトロ・漢のマヨネーズ」Mサイズ 1枚   
   
 8月○日: ○○五段  ○○食堂から取り寄せ 「トルコライス」大盛り   
   
 8月○日: ○○四段  ガストから取り寄せ 「超肉盛り! ワイルドプレート」(ライス付き弁当で)   
   
 8月○日: ○○六段  ○○亭から取り寄せ 「パクチーがウニ・イクラに絶妙マッチなエスニック海鮮丼」   
   
 8月○日: ○○五段  ○○軒から取り寄せ 「にんにく激盛り、ワンタン醤油ラーメン」(対戦相手から、にんにく臭についてクレーム有り)   
    
   
 ・・・どうだろう、将棋ファンでなくてもついつい気になり・・・「これ、どんな食べ物だろう?」、「どんな人物なのだろう?」と好奇心も刺激してくれそうではないか。   
   
   
   
 「鴨なんばん」とも「鴨なんば」とも、どちらの呼び方もある。以前にヒットした例の歌の中では「鴨なんば」である・・・(下のは過去の写真・・・せっかくだからブログ画像庫から再利用)。   
   


殿下の宝刀・・・そして、伝家の ほうとう・煮込みうどん。

   
 タイトルに大した意味は無い・・・いつもながら。   
   
 戦時中や戦後の食糧事情を子供たちにも理解してもらおうと、いまの季節などに「すいとん」や「ほうとう」を食べさせるみたいなイベントがあったりする。で、その様子をニュースが伝え、子供によっては「美味しかった」との感想を口にしたりも・・・。   
 あれは使われる食材がちゃんと良質だったり豊富だったりするせいなのか。そしてまた、きっと、ちゃんと出汁(だし)、調味料などにも気を配って調理されているせいではあるまいか。出汁などは一切使わないとなるとちょっと食べにくくなるのではないか、笑顔で「美味しい!」との言葉までは出て来にくいものではあるまいかなあ。   
   
   
 ・・・・・・・・・・・・・   
   
   
 そんなには大きくはない、むしろ小さいとも言えるような鉄道駅・・・「改札を抜ければすぐにホームがあって」という具合の駅を想像してもらうとよろしいのだろう。   
 そういう駅で電車を降りて改札へ向かうとする。雨の日であるから手には傘。   
 すると、大急ぎで電車に乗り込もうという利用客が向こうから改札を抜けてこちらに走って来る・・・彼の手にも傘(勿論すぼめた/閉じた状態)・・・しかし、彼はその傘の真ん中ほどを握り、傘の先端をこちらに向けて走って来る・・・「おいおい、それが銃剣とかだったら危ないじゃないか」みたいな具合で・・・いやいや、普通の傘であっても十分に危険である。   
   
 こういうときに「ムカッ」と怒りを覚え、こちらが持っている傘を使って「コテーッ(篭手)」と叫びながらその男の手・手首を打ちたくなってしまったという男性がいて、笑ってしまった・・・以前、筆者もまったく同様の怒りを、衝動のように覚えたことがあるからだ。   
   
 あのような傘の持ち方をすれば、走っていようが歩いていようが、対向して来る人に対して大いに危険である。大人がそれをすれば、対向して来るのが子供などであった場合には傘の先端は顔面や首を直撃しかねない、恐ろしいことである。対向して来る人に対してばかりでなく、自身の前方を歩く人が立ち止まったりしたときにもまた危険が及ばないとも限らない。   
   
   
 ・・・・・・・・・・・・   
   
   
 早朝・・・どのくらいの「早朝」かと言うと、牛乳配達のクルマが走っているくらいの時間帯。   
 駅に向かって歩いているときに、その牛乳配達のクルマもまた同じ方向へと配達して回っていることがあったりする・・・「ああ、このクルマ、鬱陶しいなあ」と感じる。配達のために停車したクルマを、もちろんこちらは徒歩で追い越す。すると今度はそのクルマが走り出してこちらを追い抜いてほんのちょっと先で停車する。こちらはまたそれを追い越すという繰り返し・・・細かいことを言うと、「直線」で歩き続けられなかったりするから「歩行距離」・「歩数」の点でもこちらは不利益を被る。だが、だからと言って腹を立てるのは、これはおかしいので我慢するしかない。   
   
 最近流行のキャリーバッグ(と呼ぶのか、車輪つきで転がしながら運べるバッグ)を使って通勤する若者もいる。駅へ向かうこちらの後ろから急ぎ足でやって来て、そして、乱れた呼吸音を発しながらこちらを追い抜く。で、少しばかり先へ行ってから息切れなどするせいか歩くスピードを落とす。その間ずっとキャリーバッグの車輪はゴロゴロと音を出し続ける。基本的に彼の歩みのスピードは遅いがため、その後すぐにこちらは彼を追い越すことになる。それからちょっとすると、彼は「いかん、このスピードで歩いていては電車に乗り遅れる」と思い直すのであろう、歩きを速めてまたもこちらを追い越す。   
   
 「ったく、呼吸音も鬱陶しいが、ともかくゴロゴロがうるせえよなあ。そのバッグ、手で持ち上げて歩いたら如何なものか。俺を追い越したらさあ、そのあとスピードを落とさずに、競歩みたく頑張ってどんどん先へ行ってくれよ。若いんだから、スピードに緩急をつけずにどんどん先へ先へと突き進んで行ってくれたらいいのになあ」・・・と思う。   
 このように腹を立てるのは、おかしくないことだろう・・・だって、あのゴロゴロはしっかりうるさいのだから。しかし、イチャモンをつけることまではしない。   
   
   
   
 老人や小さな子供は別として、自転車は車道を走行せよ、歩道を走ってはいかん・・・とは言うが、筆者、これはそんなに厳格に守られなくてもよろしいのではないかと感じている。ただ、自転車が歩道を走るにしても、歩行者に危険が及ばないような、思いやり・慎重さを持った運転であるべきと思う(こういう思いやりは昔から変わらぬものと信じていると、ときに裏切られるようであり、とても残念なことである)。   
   
   
   
 道路の、路側帯の白線の内側(つまり、道路の中心とは反対の、家などに面している部分)を歩いていた・・・。   
 後ろから自転車のベルの、チリンチリンという音がした。振り返ると、オバチャンがノロノロと運転する自転車は10数メートルくらい後ろにいた・・・彼女も路側帯の中。こちらは前を向いて歩き続けたが、やがて「チリンチリン」は激しくなり・・・「むっ、これは俺に“どけっ”と言いたいのだな」と思った。しかし、こちらはそのまま歩き続けた。   
 「チリンチリン」の音が止み、オバチャンはこちらを睨みながら追い越して行った。こちらも睨み返してやったが。   
 「しかし・・・俺が間違っていたのだろうか・・・道路の右側の路側帯でもあるんだし、どう細々とヘリクツをつけられても俺は正しいよなあ」と思ったが、はて、自分が正しいのか間違っているのか訳が分からなくなってしまうようなオバチャンの睨みであった。   
   
   
 道路交通法って、むずかしいところがあるよなあ・・・。   
   
 信号の無い十字路で、自転車に乗ったこちらは直進しようとしていたら、対向して来るスクーターが強引に右折してこちらの進行が妨げられるという経験を昔した。   
 「何なんだよ、おい」と思ったのであるが、もしかすると道路交通法には「ただし、ピザ配達のために走行するスクーターの場合には、その右折は他に優先する」的な規定でもあったりするのか??   
   
   
 「歩きスマホは危険だ」と、しきりに注意喚起されていても、それをやめずにいる人が多い。   
 歩きスマホは、あれは、無言でこんなメッセージを発しているのと違うか?:   
   
 「俺、いま、スマホ中だもんね。俺様は忙しいんだぜぃ・・・俺に対向して歩いて来るヤツとかさあ、自分でどいてくんねえ? な、俺の邪魔にならないように気をつけてくれっての。よろしくぅ!」   
   
 歩きスマホとは、「喧嘩売り歩きスマホ」と言えるのではないか。   
   

雑記



   
 スマホなどで使うタッチペンは、100円ショップ商品で十分と考えている。   
   
 で、このたび買い足したのはキャンドゥで扱っている「ディスクタイプタッチペン」なる品・・・この名称は、タッチペンのペン先が「透明円盤」状になっているからであろう。   
   
 上の写真の赤枠で囲ったのが、そのタッチペンを分解したところ。見えにくいが、写真下側の先端がタッチペンになっている。反対の上側はボールペンとして利用できるようになっているが、この写真では分解してそのボールペンの軸や金属パーツを外してしまってある。タッチペンの側も、ボールペンの側も、ともに保護キャップをはめられるようになっている。   
   
 このボールペンは書き味もなめらかで普通に使いやすく、特に文句をつけたいわけではないのだが・・・。   
   
 1. スマホで、URLや、検索対象とする言葉・文字など入力するとき、タッチペンのペン先がこのように透明になっていると、案外と便利というか、文字選択がしやすくてありがたい。(ネット検索などは音声でしてしまうことも多いけど。)   
   
 2. スマホで、起動させるアプリを選ぶとか、ブラウザ画面でブックマーク選択したりハイパーリンクをタッチしたりする場合も同様にありがたくはあるが、しかし、普通の、黒ゴムみたいなペン先でもまったく差し支えない。   
   
 3. これまた見えにくく映ってしまったが、タッチペンの先端部分は下の写真のような具合で、透明円盤は細い黒ゴム軸のようなものの先に付いている・・・ペン先を横から見ると凸みたいな形に見えるが、この下の部分が透明円盤で、黒ゴム軸を介してペン軸本体とつながっている。透明円盤をスマホなどのディスプレイに当てるときにはこの黒ゴム軸がしなる。しなり具合はよろしいのであるが、しかし、どのくらいの酷使に耐えるのかまだ分からない・予想できないし、少しばかり不安・懸念を覚えぬでもない。   
   
 4. ゆえに、大抵の場合は普通のタッチペンを利用し、ときどきはこの透明円盤ペン先のお世話になりたい。   
   
 そこで・・・。上の写真のように分解し、ボールペンのパーツを取り去り、そのかわりとして写真の左上方にあるような、普通のタッチペンのペン先を装着することとしたのである・・・サイズ的にもよろしき「あんばい」にセットできた(念のため接着剤も使用したが、べったり塗りまくるのでなく、ごく少量をスポット的に塗布)・・・なお、こちら側にはペン先保護キャップを装着できなくなってしまうが、それは問題ない。これで、2種のペン先を備えたタッチペンに変身。   
   
 なお、このタッチペンのペン軸の中にはさらに、筒状をした金属スプリングみたいなものがセットされている・・・ペン軸内壁と、ボールペンのインク軸との間に位置している。この金属スプリングを取り去ってしまってもタッチペンはちゃんと機能してくれるから、ペンをもっと軽くして使いたい場合にはそうするのも良いかも知れない(この金属スプリングの役割は不明であるが、静電気伝導性を高めるためのパーツなのかも知れない・・・今後、ペン軸の材質・仕上げなどの仕様変更があった場合には、内側の金属スプリングを取り去ってしまうとタッチペン利用上で支障が出るかも知れない?)。   
   
   
   
 上の写真で右側に写っているのは、同じくキャンドゥで買ったものでPCなどのキーボード掃除用のブラシ。   
   


雑記



   
 上の写真でボトル2本はウィスキー。   
 左端はスコッチ(ハイランド)のシングル・モルトで、「グレン・ガリオック」と読んでしまいたくなる綴りではあるが、正しい発音はおそらくは「グレン・ギーリー」もしくは「グレン・ギリー」で、そしてまた日本では「グレンギリー」のカタカナ表記で流通している。ちゃんと定評あるウィスキー。   
   
 真ん中の "Rare Breed" という文字が目立つボトルは、これはバーボンの「ワイルド・ターキー」のシリーズのひとつ。   
   
 いずれも、それぞれの個性と深みを楽しめる美酒である。   
   
   
 下のは、あまりにも有名な「グレンフィディック」で、この味わいは夏の宵に打ってつけと感じる。ラベル・デザインは以前とは大きく変わってしまった。   
 昔々の品に比べて「とろり」感、濃厚さ等は少なくなって来ているように感じるが、しかし、爽快さと特徴的な香りの魅力は増しているか・・・それゆえ、(勝手な受け止め方であるが)夏向きの酒と言えるのではないか・・・筆者、いつも基本的にストレートで飲むので、水割りしたりハイボールにしたりして飲む場合の味わいについては確認していない・・・もしかすると、この酒は薄めすぎれば物足りなくなってしまうやも知れない。   
   
   
 上下いずれの写真も、一緒に写し入れたのは缶ビールで、今回の話題とは無関係。最近のビールおよびビール系飲料についてはこれまた書きたいことあるのだが、それについてはまた今度・・・。   
   


雑記



   
 上のは、ザビーネ・マイヤーほかによる管楽アンサンブルの演奏を集めたCDセットから。   
 写真ではモーツァルトのオペラ「後宮からの逃走」抜粋(管楽アンサンブル・ヴァージョン)のディスクをピックアップしたけれども、この1枚がお気に入りという意味ではない。ここで筆者としては、このオペラのタイトルとして定着している日本語訳についてちょっとだけ書きたく思ったのだ。「後宮からの○○」・・・この○○の部分には普通は「逃走」や「誘拐」の訳語があてられる・・・しかし、コンスタンツェやブロンデを取り返して皆で帰路につくというこの物語・ストーリー展開について、これを「逃走」や「誘拐」と表現するのはやはりおかしい、逃走劇ではないのだし、また、誘拐という言い方では、連れ帰る側が犯罪行為をしているというか、少なくとも、こっそりとやってのける悪行・非のある行いをしている感じになってしまう。で、いろいろ考えてみるに、「後宮からの奪還」とか「後宮からの連れ戻し」などと訳すのが適当なのだろう・・・後者の訳し方ではちょっとダサイな(笑)。   
 それはさておき・・・。このセットでは、編曲のあんばい、楽器の音色、奏法、フレージングなどなどについて、それぞれの聴き手の好みに合致するか否かの問題がありうること勿論ではあるが、しかし、夏の暑い時分に管楽アンサンブルに耳を傾けるのは心地よいものだ。   
 ベト7の管楽アンサンブル・ヴァージョンなども含まれていて、しかし、そこにティンパニは参加していないから筆者はその点で物足りなさを強く感じ、第2楽章のティンパニの打音を脳内で補完してしまう(そのティンパニの音色・表情はフリッチャイ盤のものが、いいなあ)・・・すると、やはりオケ演奏で聴きたくなってしまって別のCDも取り出し・・・音楽鑑賞はキリが無くなってしまうな。   
   
   
 下の写真中、左に置いた新書は前回のブログ記事で触れたもの。   
   
 サザンオールスターズがデビューした前後などに、クラシック音楽以外で自分が親しんでいた音楽、刺激を受けた音楽にはどういうものがあったろうかと頭の中で振り返ったのだが、あまりにも数が多い。そういうものを改めて聴きなおそうかと変に構えると半ば「義務的な」鑑賞になりかねず・・・ひとつ間違うと「音楽を聴く喜び」を減じかねないような気もする。   
   
 夏の夜に、(エアコンがしっかり効いていることが絶対条件ではあるが)ステファン・グラッペリや、あるいはジャン=リュック・ポンティなどの音楽をやたらと聴きたくなることがある。しかし、このたびは・・・リンダ・ロンシュタットの "Living in the U.S.A." のアルバムと、そして、クラシック音楽では以前にナクソス・レーベルからリリースされた日本管弦楽名曲集・・・外山雄三「管弦楽のためのラプソディ」や吉松隆「朱鷺(とき)によせる哀歌」などを含むもの。   
 このCDを聴いたあとには、DENONレーベルから出ていたCD「日本の名協奏曲集」を聴きなおした。吉松隆「ファゴット協奏曲」、尾高尚忠「フルート協奏曲」などを含むもの。   
   


«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。