2014-04

Latest Entries

セル/VPOのベートーヴェン「第九」・・・CD-R盤で登場

   
 セル指揮、ヤノヴィッツ、VPOその他によるベートーヴェン「第九」の1969年ライヴが ETERNITIES レーベルからCD-R盤商品で登場する(一部のショップでしか入手出来ない)。過去に他のレーベルからリリースされたCDと同じ演奏内容ではないかと思うが、チェックしている時間が今は無い。   
   
   
 「この4月からは消費税の税率が8パーセントにアップするほか、値上げラッシュ・負担増があれこれ」と喧伝されていたわりには、どうもその実感が湧かないのである。3月に色々な品物を駆け込み購入した人たちは多いようだが、筆者宅ではそういうことをあまりしなかった・・・従来から、災害その他に備えての備蓄ストックを多めにしているのが常であるため、ここでさらに買い込みなどすれば一層のこと生活空間を狭苦しくしてしまうこと必至で、それはかなわない。   
 「3月が終わって4月になれば、たとえばスーパーなどの店長職は反動的な売上減に対処すべく何やかやと特売企画、クーポン配布、ポイント乱発などするぜ。企業の、店長・支配人についての成績管理システムからすれば、そういう動きにつながるさ。3月に買いだめする意味はあまりない」と筆者は言い放ったが、さて現実はどうであろうか。   
    
 下のはオペラ作品のDVDとブルーレイ・ディスク。或るところでは驚くほど安くなっていたので購入(同じように気づいてこのレーベルの商品の何やかやを買い求めた人は少なくなかろう)。うむ、予想通り、やはり物価は下落し、デフレは続くのである・・・(違うか)。   
   


読書の春・・・読み返す本



   
 秋の夜長とは違って、春や初夏の読書においては「いまいち集中しきれない」ところがあったりする。なので、過去に読んだものをもう一度読み返すといった過ごし方が適当であるようにも思える。   
   
 (なお、画像の下方の電子辞書は、英和・和英で活用しているもののひとつで、ドイツ語のために利用しているものではない。)   
   


議連(議員連盟)の説得力、ギーレンのまなざしと実力・・・



   
 久々のブログ更新である。   
   
 消費税の増税/税率アップで一種の特需・前倒し受注が発生し、「黙っていても受注が」と当初は喜んでいた友人は多忙のため健康を害した。筆者もまた似たような影響を受けたり、そのほか時間のやりくりに難儀したり、という状況が続いている。   
   
 冒頭画像の左のは、和食にマッチすると謳われているビール。ビール・ソムリエ(?)でもない筆者としては、「和食にはこれしかないね!」という感想は出て来ないけれども、美味いビールではある。   
   
 右のはギーレンのマーラー・セット。   
   
 下のは、このところ気に入ってよく飲んでいるウィスキーとビール。   
   


«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。