2013-11

Latest Entries

雑記



  
 介護などを通じつつ、可能であるならば親たちをもっと「魚好き」にさせよう・・・というのが、今の筆者の目標のひとつではある。   
 「人類の歴史は長いが、その大半において、魚でなく動物の肉こそが中心に食されて来た。また、長生きする人は肉をモリモリ食べている」とする意見に抗うつもりはないのだけれでも、そして肉類を食べさせないことなど決してないのだけれども、「この魚、こういう美味しさが魅力的だと思う、どうだろうか?」と、鬱陶しくならない程度に手短かにコメントしつつ食べさせるのは、「食べること」とともにあるコミュニケーションとして一定の意義はあるものと考えている。好みの無理強いはしていないつもりだが。   
   
 上のはメバチマグロのカマ。煮たものを以前に食べてもらったことがある。ちょっと前に「ああいうものをもう一度食べたい」とのリクエストを受けたが、いつでも店に並んでいるとは限らないため1か月ほど待たせてしまった。今回もやはり煮付けた。塩焼きなどしてもこれまた美味なのであるが、中心部まで(奥まで)しっかり熱が通るかどうかに不安があるため、筆者はやはり煮付けてしまう(なお、大きい鍋またはフライパンが必要)。   
   
 下のは、別途に用意した、何と呼ぶべきか「エビ、シイタケと、ふわふわ玉子のあわせもの」めいたものの材料。右上のコマツナは前日の「おひたし」の残り物であって、これを加えると水っぽく仕上がるであろうと思えたから結局は加えなかった。なお、日経新聞に連載されている小泉先生のエッセイの直近のものでもエビ雑炊や、また、最後から2番目の段落にてシイタケに触れられているなど、(茶碗蒸しを思い浮かべていただければ容易に納得いただけるように)玉子、エビ、シイタケなどは相性がよいのである。   
   
 なお、下の写真のエビは既にボイルされて売られていたもので、ゆえに、調理上、ほんの僅かの時間しか加熱しなかった・・・加熱するほど身が硬くなると思えたので。また、歯が悪くても楽しんでもらえるよう、調理に先立って包丁で細かな切れ目を加えた。   
   


雑記



   
 それは筆者の世代/年代のみに特有のことであるのか、それとも育った地において特徴的なことであったのかよくは分からないが、少年時代、冬場などに(大人は別として)男子学生が手袋をするのは「恥ずかしいこと」という感覚があった(人間の行動・振舞いとして恥ずべきことという意味ではないので「気恥ずかしいと感じるべきもの」などと表現するほうが適当であろうか)。   
 小学校高学年・中学・高校の頃のこと。女子が手袋をすることはちっとも構わないのだけれども、しかし、「手袋をする男は軟弱者」という共通感覚が当時の筆者の周囲にはあったのだ。自転車通学の場合に「軍手」を用いることについては「軟弱者扱いされることの範囲外/対象外」であったから(しかし軍手でない、皮や毛糸などの手袋はダメでそれだと軟弱者視された・笑)、筆者は自転車で通うときには軍手を利用した。   
   
 で、「手袋をするまいぞ」という意識は今なお自分のなかに棲みついている。   
   
 まだ少年の頃、手荒れには結局はユースキンが一番効くと思えた(筆者の場合には、である)。いつの間にか、そういうクリーム・軟膏などの世話にならずとも済むようになったが、時にメンターム類など利用することは続いた。   
   
 が、この2、3年くらい、自家製クリームの世話にもなっている。   
 主に石鹸やら入浴剤やらを自家製するために、ハーブ類をもとにした「エッセンシャル・オイル(精油)」を買っている家庭があると思うが、そのオイルが余ったりする。「余りを何かに活用できるか?」と訊かれても、そんなことは分からない・・・直感的に、書籍の虫除けとして利用できないかと思ったことはあるが。   
   
 それぞれの人の体質は異なる・・・だから、やたらなことは書かないことにするが、白色ワセリンに、或る2種類のエッセンシャル・オイルを或るパーセンテージでミックス(湯せんしつつ仕上げるらしい)したものが、筆者には効能をよく発揮してくれる・・・匂い/臭いは好きになれぬが、嗅がないようにすればよいだけの話であるし。   
   
   
 ・・・・・・・・・・・・・・   
   
   
 下のはラトル/BPOのDVD。実はラトルにほとんど興味は無いのだけれども、ブラームスの二重協奏曲の或る個所について「映像で確認することが出来たなら」というところがあるため購入(なお、この時期ならではの商品)。   
   
 まだ視聴していないし、そして、あと幾日か先に鑑賞することになろうか。ちょっと前にオーマンディ/フィラデルフィア管による「春の祭典」(モノラル・レコーディング)を聴いたが、これが魅力的であって、また「ちょっと好みに合わない風情を伴うが、実は見事な演奏と言えるのではないか」と感じるものがあって今夜はまたも聴きなおすであろうし、他の予定もあれこれ詰まっている。(ハルサイは、これまでブレーズ(ブーレーズ)/クリーヴランド管の1969年レコーディング、コリン・デイヴィス、マルケヴィッチ(「プラハの春」ライヴを含む)などのものが自分の中では「気に入り」または「規範」みたいなものとして存在するが(アバドなどのものも断片的に記憶に残っている)、オーマンディのも「これはこれでよろしいのかもなあ」の域では済まないものがある。)   
   


«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。