2012-02

Latest Entries

雑記



   
 ベイヌム/コンセルトヘボウ管によるマーラー/交響曲第7番のCDがリリースされるという情報を目にした:   
   
  http://www.hmv.co.jp/news/article/1202130030/   
   
   
 「ベイヌム指揮の第7番は初登場ではあるまいに」と思って、CDを探し出したうえ上の画像のように写し入れたのであったが・・・ありゃりゃ、チェックし直したらこれはハイティンク/コンセルトヘボウ管による第7番であった。   
 ただ、コンセルトヘボウ・アンソロジーの1950年代ライヴのセットのほうにはベイヌム指揮による第3番が収録されている・・・その限りにおいては上記WEBページの記述には正確でない部分がある。   
   
 さて、コンセルトヘボウについても言えることだが、世には「ロイヤル」(フランス語では「ロワイヤル」)という語を伴うケースがいろいろある。例えば・・・。   
   
 ウィスキー:「ロイヤル・ロッホナガー」、「ロイヤル・ハウスホールド」、「ロイヤルサルート」   
 カクテル:「キール・ロワイヤル」   
 その他:「ロイヤル・フィル」、「ロイヤルドルトン」、「ロイヤルコペンハーゲン」・・・。   
   
 いろいろの「いわれ」や「経緯」があったりする。しかし、また、必ずしも王・王位・王室と関連が無くても、それなり以上の風格・威厳そのほかを帯びるものについて「ロイヤル」と形容することもしばしばある。(だけど、ファミレスの「ロ イ ヤ ル ホ ス ト 」というのは、これを無理に日本語訳するなら、どのような訳語がしっくり来るだろうかと、たまに思う。)   
   
 写真右のは目にしたばかりのビールでサントリーの「ザ・ロイヤル・ビター」。うむ、なかなかに魅力的で良いあんばいの苦味、そして喉越し。350ミリ缶で買ったが、「500ミリ缶を買えばよかった」と思った。限定醸造であるから、筆者は近日中に買いだめするであろう(笑)。   
   

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。