2011-12

Latest Entries

雑記



   
 群馬県などで親しまれている煮込み料理に、「お切り込み」(または「おっ切り込み」)と呼ばれるものがある。上の写真のものはその料理に用いられる麺・・・しかし、こういう麺は、群馬県以外でも、東京でもその他でも、スーパーなどでわりとよく売られているようである(いや、東日本の、それも関東甲信越だけだったりするかも知れないけど)。   
 なお、この麺を用いて作られる料理も、また、この麺だけを指すときも、いずれの場合も「お切り込み」と呼んでいるふうにも思えるのだが、そのあたりを群馬県出身の知人に問い詰めたことはない(笑)。   
   
 「うどん」というよりは「きしめん」、しかも、もっともっと幅広い麺、そして「ほうとう」っぽくもある・・・というのが外観・食感である・・・しかし、製法や、また、料理に用いるときにはどうやら下茹でしないなどの取り扱いの点で、一般におなじみの「うどん」と相違するところがある。   
   
 これは伝統的には、本式ではどうやって食べるのかについてはネットにもたくさん情報があるからここでは触れないが、筆者のところでは自由気ままに食べている。   
 まず、肉や、根菜類をはじめとする野菜を煮たものと一緒に食す・・・これはおそらく本式に近かろう。好みに応じて一味唐辛子・七味唐辛子をふりかけても美味い。   
 ほかには、鍋料理の最後に「うどん」を入れる代わりに、この「お切り込み」用の麺を使う・・・この場合、筆者のところでは短時間だけ下茹でをする・・・あまり長く下茹ですると鍋に入れてから食べるときにちぎれやすくなるようだ。   
 また、茹でてから水に浸して熱をとり、「ざるうどん」・「冷やしうどん」と同様の感覚で「つゆ」で食べるのもイケる(薬味はショウガ・ネギなど)・・・麺を冷たくしきってしまうのでなく、まだほんのり温かさが残っているくらいにしたほうが美味しいと、筆者には感じる。   
   
 まだ試していないのだが、茹でた麺、またはそれを冷やした麺を適当な長さに切ったうえ、市販のパスタ・ソースをからめても(また、ホワイトソースをアレンジしたものを用いて、ついでに刻んだパセリをまぶしたりしても)、ちょっとした酒のつまみになるかも知れない・・・筆者の好みには合わないこと明白なので、自分自身の手で試してみようとは思わないが。   
   

雑記



   
 上のは、ディーリアスほかの作品を収録したCDのセット。   
   
 ところで・・・。   
 イギリスの作曲家の音楽でセルの録音が残っているものというと、ディーリアス/「イルメリン」前奏曲、ウォルトンの幾つかの曲、くらいか。ヘンデルもイギリスの作曲家ととらえるならば「水上の音楽」その他もレコーディングされているが・・・。   
   
 ディーリアスをあともう少しとか、ほかに例えばエルガー、ホルスト、ヴォーン・ウィリアムズらの作品も何点か、いや、せめて「エニグマ」くらいはレコーディングしておいて欲しかったと思わぬでもない。「エニグマ」については、ロイヤル・スコティッシュ管の指揮者を務めていたときにコンサートで振っているようではある。   
   
   
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   
   
   
 日本酒には例えば「上善如水」、「明鏡止水」などという名前のものがある。   
 焼酎では「けいこうとなるも」という銘柄のものがあって、これは「鶏口となるも牛後となるなかれ」に由来しているものと想像する。「晴耕雨読」という名の焼酎もあるなあ。   
   
 何というか、名言、故事、教訓、ちょっとした熟語などを用いて「名付け」をしているケースが見受けられるわけだ。   
   
 ウィスキーにもそのような例がある・・・。   
   
 昔、或る英国人が、一旦はウィスキー造りを志したものの、しかし、蒸留酒でなくビールのような醸造酒を手掛けて勝負すべきかどうか迷うことがあった。そんなとき、やはり醸造酒である日本酒にも興味を持つに至り、研究熱心な彼はついに日本を訪れた。   
 酒米や日本酒造りについて勉強するうちに彼は、日本人の精神構造、日本における礼節の感覚に興味を持ち、また、それらに感銘を受けたりもした。   
 或る日、田んぼ一面にコメが実るその光景に目を奪われていたとき、彼の傍らでこうつぶやく者がいた:   
   
  「実るほど 頭(こうべ)を垂れる 稲穂かな」   
   
 これを彼はいたく気に入り、心に刻んだそうだ。   
   
 英国に舞い戻ると、彼はウィスキー造りを始めた。   
 やがて、出来上がったウィスキーを出荷・販売する段になって商品名をどうしようか悩んだ。結局、「実るほど・・・」の言葉にちなんで次のように名付けた:   
   
   "Bow More" (もっとお辞儀をせよ)   
   
 ところが、これは不評を買った。消費者にしてみれば、どうして商品ラベルから「お辞儀をせよ」などと命じられなくてはならぬのか、というわけである。   
 その後、商品名は "Bow-More" に変えられ、さらには "Bowmore" へと・・・そしてそれが今日に至る。   
   
 あ、上で書いたウィスキーについての話は嘘・デタラメである。 "Bowmore" という蒸留所名/銘柄のウィスキーが存在するが、それはカタカナ表記されるときは一般に「ボウモア」である。アイラ島のボウモアという地にある蒸留所で造られたウィスキー。ボウモアとは、ゲール語で「大きな岩礁」を意味するそうだ。   
   
 下の写真の右のは、海外免税店向けらしい1リットル瓶。「エニグマ」という名称も付されているが、作曲家エルガーとは無関係(であろう)。   
 ピート香、薬品ぽい香り(正露丸のような)が、ほどよい具合に丸く収まっており、これはこれで魅力的な酒である。   
 写真の左のは、「ボウモア」を飲んだあとに飲むことが多い、バランタインの一番下のランクのもの・・・ブレンデッドであり、そして突出した特徴を感じないのであるが、何となくこれを選んでしまったりする。   
   


«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。