2011-10

Latest Entries

雑記

   
 前々回のブログ記事(10月17日付)の画像にある缶ビール・・・富永食品(株)が輸入している "Abbey-Beer" について。   
   
 「冷やしすぎかも」くらいに冷えたのをグラスに注いで飲んでみた。1口目、2口目あたりでは「酸味がこのビールの特徴かな」と思えたが、3口目くらいから先は酸味よりもむしろ苦味のほうを強く感じた。これは、飲み始めには喉が渇いていてクイッとスピーディに飲み下したのに対し、3口目ともなると口中での滞留時間も長目になって舌が追いかける風味要素も変わるせいか。この苦味は、筆者にとってはイヤな種類のものでなく、魅力と感じた。そして総じて「おいしいビール」と思えた。   
   
 このビールを6缶セットで買った場合の1本当たりの価格は、コンビニにて(国産の)発泡酒などを1本買いした場合の値段とあまり差が無いかな・・・円高の恩恵と言えるか。   
 発泡酒などを「ビールの代わり」として飲んでも、「どこかビールと違うよな」とか「飲んだあと、口中にへばりつく或る異質なものが気に入らない」と思っている人はこのビールを試してみる価値があると思う。ただ、もちろん、「もっと苦味が少なくてライトで、そしてふっくらした味わいのほうが良い」という人もいる筈で、そこはそれ、好みは人それぞれということは致し方のないことである。   
   

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。