2011-10

Latest Entries

クラシック音楽を人気沸騰させる手段はあるのか

   
 「AKB84」の企画がスタートしてから1年が過ぎた。プロデューサー役を務めている凸凹レコード産業のトンデモ企画部長(同社 宴会部長を兼務)山尾翔(やまおかける)氏にこの1年を振り返ってもらう。   
   
-女性ばかり84人ものメンバーを集めたオーケストラを思いついたきっかけは?   
   
「わたくしどもの会社ではクラシック音楽は儲からないという常識がはびこっていましてね・・・。しかし、クラシック音楽部門を歩んできた自分としては、クラシック音楽ビジネスを変革して当社の収益の柱に育てたいという思いがありました。以前のこと、 女 子 十 二 楽 坊 というグループが登場したのを見て、あれのフル・オーケストラ版をいつの日かやってみたいと強く思うようになりました。それがようやく現実になりました。」   
   
-凸凹レコード産業といえばJ-POPの分野では最強ですね。社内の反対意見などは?   
   
「そりゃもう反対ばかりでした。四面楚歌でしたよ。最初のアイデアはAKB84でなく、AZB10100だったのですがね。」   
   
-それは何でしょう?   
   
「麻布十番100人娘、という意味です。しかし、なぜに麻布十番なのか、メンバー100人は多すぎて採算に合わないだろうから50人にしろとか、分かってもらえませんでした。」   
   
-50人では中途半端も過ぎますね。   
   
「そうでしょ? でも、クラシック音楽の現状を何とかしたいという思いがありましたから頑張りました。大袈裟ですが、至誠通天(しせいつうてん)ということが本当にあるのですね。」   
   
-至誠通天ですか。偶然ですが、わたくしの座右の銘も同じです。   
   
「いえ、座右の銘ではありません。そういうものはまた別に持っています。」   
   
-話がそれますが、座右の銘をお聞かせいただいてもよろしいですか?   
   
「うーん、4つありますよ。」   
   
-4つもですか?   
   
「ええ、4つ・・・。“善人なおもて往生を遂ぐ、いわんや悪人をや”、“酔生夢死”、“臥薪嘗胆”、そして“あなたのキスを数えましょう”、以上の4つです。」   
   
-え? トータルな人格が分かりにくいと言いますか、その・・・。それに、最後のは歌のタイトルですよね。   
   
「確かに。しかし、たとえば色即是空と悟ることも出来ず、また煩悩も捨てられないがために時に苦悩もする凡人にとっては、人間の思惟や情念や悔悟そのほか諸々すべてが“生きている”ことの証ではないのかと思え、ひとつの慰めになるのですよ。」   
   
-はあ。・・・えっと、AKB84の話に戻りますが、これまでのところ大成功のようにお見受けしますが。   
   
「まだ採算がとれておりませんので、ビジネスとしてはこれからが勝負です。デビューと言いますか立上げに、またCD制作、販促、そしてコンサート運営など、どれもこれもが想定以上のコストを要しています。コンサートの性格も、公的な助成金を頂戴するようなものとは違いますから、本当に大変ですよ。」   
   
-採算性・収益性などはこれからの課題ですね。今後のアイデアなど何かありますか?   
   
「メンバーが84人ですと、演奏したくても演奏できない曲というのがありまして・・・。今年じゅうにも、予備軍と言いますかエキストラ・メンバー集団を作ろうと思っています。」   
「一般企業から協賛金をいただくという形でなくタイアップ、コラボの対価をいただくようなスタイルで、コンサート会場のロビーで商品の展示会を開いたり、来場者に見本品・サンプルを配布するなどのことは既に始めております。」   
「ファン投票そのほかの方法で、オケのセクション/パート配置を変更する構想もあります。ファンの多くはどうやら木管セクションが一番前、その後ろにティンパニと第2ヴァイオリンを置いてもらいたがっているようですし・・・第1ヴァイオリンは一番奥になるかも知れませんね。」   
   
-その配置は合理的でない、メチャクチャなように思えますが。   
   
「それは承知のうえです。ファンの方々が、演奏レベルよりもルックスといった臨み方・鑑賞態度でいますからね、仕方ありません。オケのセクションを変な配置にするとどんな不都合があるか、ファンに気づかせたいという気持ちがわたくしにはあります。このAKB84の企画は面白いですよ、これまでクラシック音楽を聴こうとしなかったファンの皆様が、PAを使わないサウンドでありながら音楽から大きな刺激を受けていますし、こちらもやり甲斐がありますね。」   
   
-クラシック音楽全体の人気が高まる、クラシック音楽界に活気が出ると良いですね。   
   
「はい。ただ、わたくしどものコンサートに足を運んでくれるファンの皆様には、よその一般のクラシック音楽のコンサートには行って欲しくありませんね、正直なところ。」   
   
-よそでお金を使ってくれるな、うちのコンサートに足を運び、そしてCDを買ってくれと? 了見が狭くありませんか?  
   
「いえいえ、滅相もない。コンサートの雰囲気やノリがですね、性質も度合いも桁外れなものですから。」   
   
-それはどういうことですか?   
   
「たとえば・・・。いよいよ開演というときにオケ・メンバーがそれぞれの席につきますね? ステージの袖からお気に入りのメンバーの姿が見え始めると、もうファンから歓声が上がります。また、チューニングが終わると、そこで拍手が起きます、これはお約束なのです。」   
   
-お約束ですか?   
   
「ええ。そして、演奏中だって全然違いますよ。贔屓(ひいき)のメンバーが、そうですね、たとえばクラリネットのちょっと長いソロの個所を吹き終えるとですね、聴衆からは歓声と拍手があって、時には指笛も鳴ります。ふつうのコンサートでは許されませんでしょ? それからフライング・ブラボーなど、もう当たり前のことです。ふつうのコンサートに行ってこれと同じことをされては困ります。」   
   
-ええ、それは・・・。   
   
「メンバーの一人がですね、ホルンのパートなのですが、見事にソロを吹ききったときに“いよっ、成田屋っ!”という掛け声が飛んで来たこともありますね。」   
   
-何ですか、それは?   
   
「その子の実家がお店をやっていまして、屋号が成田屋さんというのです。ファンの方はそういうことまで知っているのですよ。あんな掛け声が出るなんて、わたくしも“歌舞伎じゃないんだから”と思いましたよ。」   
「先日は、客演の指揮者を迎えてのコンサートがあったのですが、プログラムの最後はラヴェルのボレロでした。各パートが例のメロディを演奏し終えるたびに聴衆からは拍手と指笛でしてね、指揮者の先生の顔はそのたびにひきつっていました。演奏を終えてステージ裏に戻って来ると、ブチギレしていましたよ。音楽文化というものは聴衆の態度やマナーも含めて成り立ち、育つものだという意味のお説教もいただきました。」   
   
-さぞ、お困りでしたでしょう。   
   
「わたくしがですか? いえ、もう慣れました。」   
   
-こうしてお話を伺っておりますと・・・すみません、その、何だか、クラシック音楽発展の役に立っているのか、いないのか、分からなくなって来たのですが。   
   
「わたくしもです。でも、もう止まりませんしね。どうしましょう。」   
   
   
 以上、フィクション、架空の話である。人名そのほかも架空であり、仮に実在の人物そのほかと同一のものがあっても、当方に何かしらの悪意があってのことではない。   
   

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。