2009-12

Latest Entries

ボイル=シャルルの法則、いや、 Boiling Charles...

   
 特殊な記号があるので、もしかすると文字化けしてしまうかなあ:   
   
   
 (鳩山) ∈ (民主) ∝ (小沢)   
   
   
 (鳥兜)× 1,000,000 = (ミュンシュ)   
   
   
 2番目の算式についてはこちらを参照:   
   
   http://www.hmv.co.jp/news/article/912180039/   
   
   
 だけど、このCDをまだ入手していない。   
   
   
   
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   
   
 甘いものはあまり好きでなく、また、チョコレートは、普通のだろうがブラックだろうが不得意・苦手に近い。   
   
 自宅で夕食後にウィスキーを飲むとき・・・時々は女房も飲むが、そんなときにチョコだの、シュークリームだの、マロン・グラッセだのが目の前に登場することがある。「こういうものをつまみながら飲む気が知れない」と、いつも思う。   
 しかし、チョコと一緒にウィスキーを楽しむ人は決して少数ではないはずで、これはバーのフード・メニューから一目瞭然。同行の男性がチョコをオーダーすることだってあるし、そして、そのつまみを「どう?」と勧められれば断るのも悪いからひとつくらいは食べる。あるいは、オーダーしたわけでもないのに店側がサービスでチョコを出してくれることも(ごく稀にだが)あり、これまた手をつけないのは申し訳なく、食べることになる。複雑な気分。   
   
 チョコと特に合うウィスキー銘柄には何があるのだろう。何せチョコを口にする機会は少ないのだけど、しかし、経験的には、「ロイヤル・ロッホナガー」、「グレンファークラス」にはマッチすると思ったし、「ストラスアイラ」ともさほど違和感を覚えなかった。「オールド・プルトニー」を飲んでいるときにチョコをつまむことがあったけれども、「こりゃ、ダメだ」と思った(この「オールド・プルトニー」という酒は妙なもので、「数の子」「イカの塩辛」「うるか」「塩味・甘酢味の漬物」などと合うと感じたことがある)。   
   


«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。