2009-11

Latest Entries

これも美酒

   
 或る日本酒のキャッチコピーに「○○○を飲むと旨い物が食べたくなる」というのがある。   
 また、ワインのソムリエがするように、「酒と料理とのマッチング」を考えるというのも意義あることだ。   
 あるいはまた、「このウィスキーをしっかり味わうために、ウィスキーの邪魔をしないようなツマミを(ときには苦しまぎれっぽく)選ぶ」みたいな発想もあったりする。   
   
   
   
   
 何のツマミも口にせず、そして気も散らさず、じっくりゆっくり味わいたく思ってしまうウィスキーもある。   
 筆者の場合、その一例が「ストラスアイラ」というスコッチのシングルモルトのウィスキー。いつだってこれは「美酒」だと思う・・・そして、浮世の憂さやストレスを追いやるために飲んだりしたらこれはもう絶対に勿体ないし、いや、そういう心持ちでは堪能しきれまい。甘い至福のときを手にするための香りと味。下の写真はオフィシャルボトルの12年。品揃え豊富な酒販店でないとお目にかかりにくいとは思うが、手っとり早くはバーなどで楽しめる。   
 バーではオフィシャルボトルでないものも用意してあったりするが、そのへんは味覚探求の好奇心やその時々の予算に応じてトライしていただくとして、ともかく、この12年だって十分に見事と思う。   
   


«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

クラシカルな某

クラシカルな某

クラシック音楽好きです。